東海テレビ(フジテレビ系列)で毎週土曜 23:40 ~ 24:35に放送されているドラマ「さくらの親子丼」。

この作品は、真矢ミキ演じる「空腹と心を満たす古本屋店主」が感情ゆさぶる社会派ヒューマンドラマです。

 

1話が放送されて、前々から気になっていたキャストの演技を観るとやっぱり感慨深いものがありますよね。

実際、キャストが役をどう演じるのかも気になりますし、新たな発見もあります。

 

そんな中、印象に残ったのが中西俊太演じる塚田僚一さん。

どんな人なんだろう??

 

さくらの親子丼とは?

 

 

東京都大田区、羽田空港近くの下町にある古本屋「九十九堂」。

ここの主人である九十九さくらは少し変わった生活をしていた。

 

この古本屋の奥には「たまりば」と呼ばれる、行き場をなくした人々が集まる一室がある

そこに集まってくるのは、社会からはみだしてしまいそうな面々・・・。

さくらは「たまりば」を訪れた面々に無償で「親子丼」を提供し、彼らの話を聞くのだ。

 

自身の子供に日々悩み続けるシングルマザー

摂食障害に悩む女性教諭

少年院出所後も「愛」を求めて明るく振舞う少年。

会社で居場所を失った自閉症の男性。

 

・・・

 

さくらは彼らに親子丼を提供し、空腹が満たされた彼らは徐々に自分のことを話し始める。

しかしさくら自身も悲しい過去を抱えていた。

 

そんなある日、自分と同様の経験をした少女が「たまりば」に現れて・・・。

 

中西俊太ってどんな役?

塚田僚一さんが「さくらの親子丼」で演じている「中西俊太」とはどんな人なのでしょう?

 

 

中西俊太は、九十九さくらに親子丼用の鶏肉と卵を配達する肉屋の店員です。

かつて関東一帯を制圧した暴走族の元リーダーでもあったが、幼いころから九十九堂に出入し、さくらの世話になっていた。

今は暴走族から更生し真面目に働いているが、さくらには全く頭が上がらない面がある。

それと同時にさくらの良き理解者でもあり、競馬や酒を共にすることが多い。

 

ドラマを観ていても印象的だったのは、やはりTシャツでしょうか? 笑

 

 

 

 

毎週変わるのかな?

楽しみが増えた・・・。

 

中西俊太演じる塚田僚一さんのプロフィール

今度は塚田僚一さんのプロフィールをまとめてみます。

 

 

塚田僚一(つかだ りょういち)

生年月日:1986年12月10日

出生地:神奈川県

身長:168cm

血液型:О型

事務所:ジャニーズ事務所

 

2001年にジャニーズJr.内ユニット・A.B.C.のメンバーに選出。

その後2008年8月からユニット名がA.B.C-Zに変わり、2012年2月1日にA.B.C-ZのメンバーとしてDVDデビュー。

2017年4月に舞台『サクラパパオー』で舞台単独初主演。

2018年、映画『ラスト・ホールド!』で初主演予定。

 

小学校の6年間は体操クラブに所属していたこともありA.B.C-Zメンバーの中で最もアクロバットを得意としている。

大のアイドル好きで、モーニング娘。やでんぱ組.incなどのファンでもあるそうです。

 

まとめ

さくらの親子丼で、中西俊太演じる塚田僚一さんについて注目してみました。

知っていた人も知らなかった人も、ドラマを観れば結構印象に残ると思います!

なんと言っても肉Tシャツがイイ!

 

でも、もちろん演技の方も注目なので、興味が出てきた人はぜひ観てみてくださいね~。